マイクロスコープを使っている男性

自宅でも使える

蛍光顕微鏡

髪の毛や肌のキメを確認するのに最適といわれるのが、マイクロスコープといわれる機器です。これは、家電量販店で気軽に購入できることから、一般家庭での利用も可能となっています。

» Read more

バランサーを知る

カラフルな写真

バランサーがどういった機器なのかよく知らない人もいるはずです。バランサーは、工場などでバランスを保つために用いられる機器です。ここでは、バランサーの歴史や今後について説明していきます。

» Read more

日本製が人気

顕微鏡のアップ

ロードセルは、業者によって取り扱うものに違いが見られます。ですから、自社に適した形のロードセルを選ぶことが大切です。ロードセルは、質の高い日本製が人気といわれています。

» Read more

リレーの価格紹介

案内するスーツ姿の男性

高電圧や高電流の機器の起動を制御するために使用されるリレーは、一体どれぐらいの価格なのか気になるところです。このページでは、リレーの価格相場やリレーの機能について紹介していきます。

» Read more

個人利用がしやすい

フラスコと研究者
  • ハステロイ加工なら職人にお願いしよう!リーズナブルな上にスピーディーなので、安心して加工を依頼出来ますよ。
  • 求めていた商品の提供を行なってくれるでしょう。スペクトラムアナライザを利用してみたいと考えている人はこちらがオススメとなっています。
  • 以前のマイクロスコープといえば、研究開発、工業、化学、実験などのプロユースが主な使われどころで非常に高額なものでした。しかし今では比較的高性能なものでも数千円から5万円以内で買えるようになってきて個人利用がしやすくなりました。 基本商品の価格は性能に比例しています。それはマイクロスコープでも同じで倍率が高いもの、表示調整が楽で美しいものは高額になっていきます。しかし中には倍率が高くてもお手頃な価格のものもあります。そういったものは大半がピント合わせに苦労します。 見たいものに対して80倍あれば十分なのに100倍と500倍のマイクロスコープがあったら、100のなかで80にピントを合わすより500のなかで80に合す方が手間がかかるのは考えてみればわかる事です。

    個人利用で見たいものというのは主に、肌のキメや、地肌、キューティクルなどではないでしょうか。 しかし残念ながらデジタル顕微鏡ならキューティクルは見る事が出来ますが、マイクロスコープではどんなに倍率を上げても黒い線にしか映らずテレビCMで見るような見え方はしません。400から700ほどの倍率と別にスンプ式キットで検索してセットの用意が必要です。 その他肌のキメは50倍から190倍あたりの倍率、地肌は100倍から300倍あれば見る事が出来ますので、キューティクルにこだわりがないのであれば300倍程度のリーズナブルなもので充分という事になります。 同じ位の値段ならどうせなら1000倍をという気持ちになりがちですが、実際の使い勝手がちがってきますので利用する方法に沿った倍率を選ばれる事をお勧めします。